育毛でわかる国際情勢
ホーム > M字 > 若ハゲから毛を生やすための養毛剤の効果的な使用法

若ハゲから毛を生やすための養毛剤の効果的な使用法

若ハゲから毛を生やすための養毛剤の効果的な使用法についてご紹介しましょう。

若ハゲは、ほかの薄毛と同じく、ストレスや栄養不良、悪玉男性ホルモン(DHT)が原因となっていることが多いのですが、眼精疲労などで前頭部にコリがあると、血行不良となって生え際が後退してしまうことがあります。

パソコンやスマホ、ゲームなどで目を酷使しているという自覚がある人は、目を休めたり、周辺をマッサージしたりしていたわってあげましょう。

 

その上で、血行を改善する効果のある育毛剤を使用するとさらに有効です。

また、近親者にM字のハゲが多い家系では、男性ホルモン(テストステロン)と結合して悪玉男性ホルモンを生成する5αリダクターゼという酵素が、前頭部の毛乳頭に多く存在する体質の遺伝が疑われます。

この場合、5αリダクターゼのはたらきをおさえる育毛剤を生え際に重点的に使うと、若ハゲを予防改善することができます。

遺伝の場合でも、血行不良が進行させる要因となりますので、スカルプマッサージを同時に行って効果を高めましょう。

そして育毛の基本である栄養バランスのとれた食事や、適度な休息も心がけてくださいね。

ここまで紹介をしてきたM字の発毛に育毛剤が効くための効果的な使用法をしっかりとマスターして今後の改善に役立ててくださいね。

M字 発毛